Last Up Date : 2006-02-05
Since : 2006-02-05

MARS for MS-DOS を DRDOS で動かす


Agenda.

0.導入
1.DRDOSの入手
2.関連ドライバの入手
3.起動ディスクの完成
4.起動実験と MARS for MS-DOS のインストール
5.Bootable CD の作成
6.Mac OS X(PPC)で動かす

<= 5.Bootable CD の作成


6.Mac OS X(PPC)で動かす

 MARS for MS-DOS は MS-DOS および互換環境で動作します。このことから DRDOS にて動作させることを前までに書きました。
 動作には OS が MS-DOS との互換を求められるため、依然 Macintosh では動作させることが出来ません。しかし、こんな中でも何とかして動作させる方法もあります。それは各種エミュレータを利用し、エミュレータ上で DOS 互換 OS を動作させることです。この方法は、WindowsCE(H/PC) 上で PocketDOS を動かし、その上で MARS for MS-DOS を動作させた MARS for MS-DOS を WindowsCE 環境で動かすと同じですね。

 そこで、今回は Mac OS X(10.4.4/PPC) にて MARS for MS-DOS を動作させる方法を書きたいと思います。

 MARS for MS-DOS を Mac OS X で動作させるために、今回は QEMU と5.Bootable CD の作成で作成したディスクイメージを利用します。

 QEMU は CPU をエミュレートするアプリケーションです。つまり、仮想的な PC をアプリケーションで実現するわけです。仮想的な PC にてディスクイメージで準備した環境を動作させることで、 MARS for MS-DOS を動かします。

 まず、 QEMU の環境を整えます。Mac OS X にて実現する方法はいくつかありますが、GUI 付き環境で比較的容易に整備できる QemuX を利用したいと思います。
 download ページから QemuX.dmg をダウンロードします。保管先はデスクトップとします。

 ページ公開のため、最終確認をしているとどうやら QemuX の開発終了がアナウンスされてるようです。トップページが変更されているため、ダウンロードページにたどり着くことができません。
 今後は、同様のプロジェクトである Q に引き継がれるようです。
 Q を用いた動作検証は 別ページ にまとめています。

 Mac OS X 上のデスクトップの QemuX.dmg をダブルクリックすると、QemuX と名付けられたドライブのアイコンが表示されます。このドライブのアイコンをダブルクリックすると、以下のファイルが含まれたフォルダが開かれます。
 この中で、 QemuX.app のアイコンをダブルクリックします。すると、初回の起動ということから以下のダイアログが表示されます。



 初回起動では、 QEMU 本体のインストールを行うかどうかを問われるので、 Download ボタンを押下します。
 しばらく待つと、インストールが完了します。 Finish ボタンを押下し、インストールを終了します。インストールが終わったら、 QemuX を終了します。

 次に、5.Bootable CD の作成で作成したディスクイメージをデスクトップにコピーします。
 このファイルをしかるべき場所に保管するため、 Finder を起動し、「アプリケーション」を選択し、 "Qemu" を選択し、そのフォルダ中に "img" という名前のフォルダを作成します。この "img" フォルダの中に先ほど保管したイメージファイル mars455.img を移動します。
 さらに、QemuX 本体を保管する場所を確保するため、 "Qemu" フォルダに "QemuX" フォルダを作成し、その中に QemuX.app,changelog.txt,General Public Lisence.txt の3つのファイルをコピーします。
 QemuX.app については、必要に応じて Dock に入れるなどしてください。

 あらためて、 QemuX を起動します。起動したら、新しいディスクイメージを作成します。ダイアログの "+" ボタンを押下します。



 すると、作成方法について尋ねてきます。具体的には以下のダイアログが表示されます。



 そこで、 "Manual Setup" を選択し、 "Finish" ボタンを押下します。すると、 "New PC" という名前のイメージが追加されます。



 詳細設定を行うため、 "i" ボタンを押下します。すると、設定モードになります。



 設定モードにて、 Name: を "MARS 455" に、 More Disks... を押下し、 Floppy: の "..." ボタンを押下し、先ほど保管したディスクイメージ(/Applications/Qemu/img/mars455.img)を選択、さらに Boot を "Floppy" に変更します。
 変更が完了したら、 "i" ボタンを押下します。



 最後に、 "MARS 455" を選択した上で、 "再生" ボタンを押下します。



 しばらく待つと、 MARS for MS-DOS が起動するはずです。



 QEMU は他の OS でも準備されています。同じ方法を使えば、同様に他の OS でも動作させることが可能です。例として、いくつかの環境で MARS for MS-DOS を動作させている例を示します。

[Vine Linux 3.2 上で動作する GNOME]


[Solaris 10(x86) 上で動作する Sun Java Desktop System]


<= 5.Bootable CD の作成

Return to map of this documents.
Return to index